福祉

障害者情報保障支援

24時間テレビチャリティー委員会では、福祉支援事業の一環として、情報のバリアフリーを目指した障害者情報保障支援を行っています。
厚生労働省の後援を受け、視覚障害者のための音声コード読み上げ機器や作成ソフトを全国52自治体へ贈呈

2014年、24時間テレビチャリティー委員会は、厚生労働省が推進する「音声コード普及支援」に賛同し、「NPO法人日本視覚障がい情報普及支援協会」の協力のもと、全国の52自治体に、音声コードを読み上げる機能の付いた携帯電話と補助アダプター(音声コードを読み上げる専用の装置)を890セット、音声コード作成ソフト15,000ライセンスを贈呈しました。

「音声コード」とは、漢字を含む文字データを約800文字分記録できる2次元コードのことです。音声コードは現在、自治体が発行する印刷物や「ねんきん定期便」などに添付されており、視覚障害者の方々が専用の読み上げ機器で、音声コードに収められた情報を自らの耳で聞き取ることができます。

写真

図書館に対する障害者サービス用機器等の贈呈

全国240館の図書館に、DAISY再生機、拡大読書器、音声パソコン等の障害者サービス用機器、および大活字本等の資料セットを贈呈しました。対面朗読や点字・録音資料の製作や貸し出し等、公共の図書館を利用する障害のある方々へのサービスの充実が図られます。

日本点字図書館に「点字図書輸送トラック」を贈呈

視覚障害者支援の一環として、「社会福祉法人 日本点字図書館」(東京・新宿)へ「点字図書輸送トラック」を贈呈しました。日本点字図書館は、自ら製作した点字図書や録音図書を全国の視覚障害者に年間約53万部貸し出していますが、それらを郵便局まで配送するトラックのコンテナが雨漏りするなど老朽化していました。 贈呈されたトラックは、リフトアップ装置や、書籍ケースを固定する装置が特別架装され、今までのトラックより多くの図書を輸送できます。日本点字図書館の田中徹二理事長は「毎日たくさんの重い点字本を郵便局から全国に送り、郵便局に返ってきた本をまた積み込んで戻ってくるのでトラックが必要でした。大事に使っていきます。」と述べました。日本点字図書館の正面玄関には「24時間テレビ」の支援を示すプレートが設置されました。

TOPに戻る