24時間テレビチャリティー委員会について

「24時間テレビチャリティー委員会」は、1978年の放送開始以来、「福祉」「環境」「災害復興」など、公益性の高い支援を全国的に展開してきました。
こうした事業は、すべて「任意団体」として 実施してきましたが、2013年に入って、「より活動の透明性を高め、迅速かつ広範囲な支援」を行うため「公益社団法人」の認定を受けることとし、移行作業を行ってきました。

2013年7月10日に一般社団法人を設立した上で、9月15日、内閣府の公益認定等委員会に公益認定申請を行い、折衝を重ねた結果、11月22日「認定基準に適合する」との答申書が安倍晋三内閣総理大臣に提出されました。

そして2013年12月1日、正式な「認定書」が届き
「公益社団法人24時間テレビチャリティー委員会」が発足しました。

公益認定を受けたことにより、今後「24時間テレビ」へご寄付いただいた皆さまには、税制上の優遇措置があります。
詳しくは「税制上の優遇措置について」をご覧ください。

なお、公益認定等委員会からは、「難病患者支援」や「視覚障害者支援(障害者情報保障支援)」
「障害者スポーツ支援」など、当チャリティー委員会から申請した新規社会貢献事業の認定も同時にいただいており、今後も寄付金の適正な執行に努めてまいります。

TOPに戻る