寄付金の使われ方- 福祉 -

障害者スポーツ支援

2014年から、福祉施設事業の一環として、障害者スポーツに対する支援を行なっています。この支援を通して、障害者スポーツに対する関心を高め、その普及・復興に広く寄与すること、また次世代の人材育成の一翼を担うことろ目指しています。今後も、さまざまな障害者スポーツに目を向け、長期的な支援を行なっていく予定です。

①スポーツ用義足

今年で7年目となる「スポーツ用義足贈呈事業」。東京都で活動しているスタートラインTOKYO、三重県で活動している大和鉄脚走行会、愛知県で活動しているミットライズ所属の方に贈呈しました。
贈呈年度 贈呈本数
2014年 16名17本
2015年 12名14本
2016年 7名9本
2017年 7名8本
贈呈年度 贈呈本数
2018年 7名7本
2019年 10名11本
2020年 9名9本(5月現在)
合計 68名75本

②バスケットボール用車いす

2015年から行なっている「バスケットボール用車いす贈呈事業」。全国の車いすバスケットボール、車いすツインバスケットボールの競技者と団体を対象に、毎年公募で申し込み受付を行なっています。車いすは一人一人採寸し、体に合ったものを贈呈しています。
贈呈年度 団体 個人 贈呈台数
2015年 7 17 52
2016年 3 11 20
2017年 4 12 20
贈呈年度
団体
個人
贈呈台数
2018年 3 10 16
2019年 4 20 32
2020年 8 15 55
合計 29 85 195

③パラスポーツ体験キット

新たに始めた支援で、全国各地の小学校、中学校、特別支援学校、地方自治体を対象に、公募で申し込み受付を行い、障害者スポーツ普及促進のための物品を贈呈しました。
Aセット 障害者スポーツ用車いす 20か所
Bセット ボッチャ用具 65か所
Cセット ボッチャ用具・ゴールボール用具 64か所